# こまーむ × onagawa factory

 

 

 

もう2月も終わりですね。

すっかりブログ更新が滞っておりましたが

今回は私が現在関わっているプロジェクトのお知らせとご協力のお願いです。

 

昨年から宮城県女川町の「onagawa factory」という会社でおもちゃの開発に関わっており

その商品開発の費用を集めるクラウドファンディングを2月20日よりスタートしました。

 

詳細はこちら
https://readyfor.jp/projects/onagawafishtoy

 

onagawa factoryは津波の被害でとれなくなった魚を、木でキーホルダーとして作り

東日本大震災の復興を目的として立ち上げられた木工メーカーです。

立ち上げ後数年は、被災地支援を目的とする購買も多く、運営も成り立っていたようです。

しかし、私が出会った昨年の時点では、全盛期と比べ仕事も減り

復興の為の活動が難しくなっている状況でした。

 

もの作りをする者として、何とか力になりたい。

最初はこまーむ製品の加工を行う下請けでお仕事を依頼するつもりでした。

しかし工場見学と兼ね、震災後5年が経った被災地を見て

それだけでは同じことの繰り返しだと感じました。

支援を目的とした購買や仕事の依頼だけではなく

誰もが欲しいと思えるものを自ら生み出す力が、このメーカーには必要なのではないか。

6年前の震災の時にはできませんでしたが、私のものづくりで培われた技術が

今被災地に求められているのであれば、そこで力を発揮したい。

そんな想いでonagawa factoryを「売る力のあるブランド」にすることを目的とし

商品開発のお手伝いすることにいたしました。

 

私もおもちゃのこまーむも、本当にまだまだではありますが

木のおもちゃ開発には少しの自信と大きな情熱を持っております。

これがonagawa factoryのもつ丁寧な技術や熱い想いと合わされば

きっと良いものが生み出せると信じています。

 

この活動をきっかけに女川町におもちゃ文化を芽生えさせたい。

もの作りの火を絶やさず次世代に繋いでいきたい。

その為にまず今回のプロジェクトを何としても実現させたいと思っています。

どうかみなさまのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

onagawa-factoryのクラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/onagawafishtoy

 

 

| comments(0) | - | 20:52 | category: お知らせ |
# 明けましておめでとうございます

 

新年あけましておめでとうございます。

こまーむ本日より仕事始め。

初日ですので本日はゆったりとした稼働となりましたが

お休み中も年末31日まで、年始初日の本日よりご注文をいただけており

お陰さまで今年もよいスタートをきることができました。

 

年末年始はゆっくりとお休みをいただきました。

実際はまだ2週間もたっておりませんが

怒涛のクリスマス商戦から随分と日がたったように感じております。

昨年は本当に多くのお客様に弊社製品をお求めいただき

どんぐりころころに限っても2016年は年間で30.000個強。

12月には月間で過去最高となる4.000個ものご注文をいただくことができました。

お求めいただけたことを心より感謝すると同時に

皆様からのご用命に何とかお応えできる会社になれた事を

少し嬉しく感じております。

 

今年も皆様に喜んでいただけるおもちゃ作りを心掛けるのと同時に

そんな自分たちの仕事をより誇らしく感じられる職場作りも目指したいと思います。

多くの方を笑顔にできる物づくりに携われていることを実感し

関わる人全員が「おもちゃが好きだ」と思える会社。

自分たちの仕事に自信と誇りをもって向き合うことで

会社としてもまた一歩成長することができるのではないかと思っています。


そんな私の今年の抱負は 「万里一空」 です。
目標を見失わず、信じて取り組み続ける。

経営者として、また一作り手として

信念に基づいた決断を続け

責任と共に一年を歩みたいと思います。

そんなわけで少し硬いですが
今年も皆様を笑顔にできるように
楽しいおもちゃをしっかりと作ってまいります。
2017年もどうぞ。
おもちゃのこまーむをよろしくお願いいたします。

| comments(0) | - | 21:18 | category: つれづれ |
# 今年もお世話になりました

 

会社は28日で仕事納めでしたが私は今日で仕事納め。

スタッフのいない会社で1人やり残しを片付け

最後にササッと掃除をしたのち

工房に一礼して帰るのが毎年の習慣になっております。

 

お陰さまで無事に2016年の営業を終えることができました。

例年以上に多くの方におもちゃを選んでいただき

作り手として本当に幸せな一年にすることができました。

皆様本当にありがとうございます。

 

今年は事業13年目にしてやっと株式会社となり

法人元年は経営元年の気持ちで取り組んでまいりました。

こまーむの活動をよりよいものにするだけでなく

この先も更に成長し継続し続けていくために

信念のもと今すべきことをしっかりと見定める。

そんな気持ちで活動をしておりましたので地道な年となりましたが

得るべきものはしっかりと得ることができ

来年以降にもつながる、よい一年であったと感じております。

 

お求めをいただけたお客様はもちろん

関わって下さったすべての方に心より感謝いたしております。

より多くの方を笑顔にできるおもちゃ作りを目指し尽力してまいりますので

2017年もどうぞおもちゃのこまーむをよろしくお願いいたします。

 

それではよいお年をお迎えください。

| comments(0) | - | 19:49 | category: つれづれ |
# 新商品!ブリ木ロボ!爆誕! 後編

 

ブリ木ロボの開発のお話、後編です。

と言いつつも、自分で書いた前編を読んでみたら

書きたいことはもうほぼ書いてあったので

別に後編に続く、にしなくてもよかったなとも思ったり。

でも書きます。

 

ブリ木ロボのカラーラインナップですが

全5種類中4種類が、白木の部分の無いオールカラー仕様になっております。

理由は単純で、その方がロボットっぽいから。

そしてピンクや黄緑など、普段あまり使わないカラーを用いたのは

どんぐりころころの帽子と同じ色ばかりで構成すると

塗料を使いまわした感が出てしまうため、あえてそれを避けた結果だったりします。

そのおかげでパステルカラーが近未来感を生んでくれましたし

よりロボットっぽさが増したので、このカラーラインナップは気に入っております。

 

それぞれの色には裏設定があります。

まず青は商品名が「ブルー01」となっており

ロボットアニメに置き換えると主人公の乗る1号機です。

主人公のイメージは目がキラキラで眉毛の太い、さわやか熱血少年。

 

ピンクは「ピンク02」。

ヒロインの乗る2号機です。

主人公とは両思いですがお互い気持ちを伝えられずモヤモヤ。

 

黄緑は「ミント03」。

ヒロインの妹の乗る3号機。

煮え切らない二人にちょっかいを出す天真爛漫なトラブルメーカー。

 

灰色は「グレー00」。

主人公の兄貴分の乗る0号機。

普段はみんなを見守っているが、ここぞという時には力を貸してくれます。

 

これは作り手の遊び心で、ただの裏設定ですので

遊ぶ時にはあまり気にしないでくださいませ。

ちなみにウォルナットはウォルナットで作りましたよ、というだけで

アニメ的な設定は特に設けておりませんです。

 

 

そしてブリ木ロボのパッケージ。

こちらはロボットの納まる基地をイメージしております。

正面のシャッター風なところは開かないので

出し入れは上部からになりますが

ごっこ遊びの時には秘密基地として

存分に「ブリ木ロボ!発進!」してくださいませ。

「ブルー01!行きまーす!」でも可。

 

そんなわけで。

やっぱり前編、後編に分けるほどでもなかった内容でした。

作り手の想いや設定が強すぎて、遊びが制限されてしまっては元も子もないのですが

へ〜。そんな風に考えて作っていたんだ。程度にでも感じていただければ何よりです。

このブリ木ロボは個人的にも気に入っているおもちゃなので

現こまーむラインナップ達と同じように

末永く皆様にご愛顧いただければ嬉しいです。

 

ブリ木ロボのページ

 

| comments(0) | - | 20:58 | category: - |
# 新商品!ブリ木ロボ!爆誕! 前編

 

 

ほぼ1年ぶりのブログ更新。

ブログをやめたわけではないのです。

すいません・・放置しておりました・・。

楽しみにしてくれていた方々。

もしいらっしゃったら、更新せずにごめんない。

 

さて。

記事のタイトルにもなっておりますが新商品が発売されました。

こちらは1年ぶりどころではなく、3年ぶりくらい。

 

その名も「ブリ木ロボ」。

 

ここのところ、こまーむHPは小奇麗(?)にまとまっているので

そこに私の想いを、あまりくどくど載せるのはよくないと思いまして。

開発の話や想いは、こちらのブログでくどくど語ることにいたしました。

 

 

木のおもちゃっぽくない木のおもちゃを作りたい。

一般的に木のおもちゃは0~3歳対象の物が多く、比較的低い年齢がターゲットになっていますが

自分で欲しいものを選ぶことのできる年齢(4歳頃〜)の子ども達が「欲しい!」と思えるようなおもちゃ。

いつの時代も、おもちゃ売り場で子どもたちの目を輝かせ

「カッコいい!」と感じてもらえる憧れの存在・・・

 

ロボでしょう!

 

というわけで生まれたこのおもちゃ。

ブリキではないのですがブリキ製のロボットぽさがあり。

でも木で作られたロボットなので「ブリ木ロボ」という名前。

木のおもちゃには珍しく、懐かしのゼンマイで動くようになっております。

世代を越えて誰もが憧れた(?)ゼンマイロボットが今!木で!てきな。

 

さてしかしそのゼンマイ。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが

歯車のずれや、ホコリなどの異物の混入、無理な巻き方、等々。

理由は様々ですが故障はつきもの。

なので比較的安価で、ゼンマイ壊れたらお終い、というおもちゃも少なくありません。

 

しかしこのブリ木ロボ。

ゼンマイが壊れてしまった場合

中のユニットだけをまるっと交換できる仕組みになっております。

ユニットの入った胴体・足・頭の3パーツは接着剤での固定をしておりません。

全て木ネジで固定されており、それを外せば分解でき

中の壊れたユニットを新しいものに交換することで、また遊ぶことができます。

 

※ユニット交換時以外は分解はしないでください。

 

接着剤ですべて固定する仕組みであれば

作りも簡単ですし金額も安くすることができます。

しかし長く愛着をもって使ってほしいと考え、こういった仕様にしました。

 

あとは自身の幼少期の体験で。

ゼンマイ巻いて遊ぶのは最初のうちだけで

そのうちごっこ遊びをするようになった時に

横から飛び出た竜頭が邪魔で

いつも金鋸で切っていた記憶がありました。

これはかなり少数派だと思いますが

ゼンマイに飽きてごっこ遊びに集中したいときには

分解して中のユニットを取り外してください(笑)。

 

思ったより長い文章になってしまったので

分けるつもりはなかったのですが後編へ続く。

 

ブリ木ロボのページ

 

 

| comments(0) | - | 00:18 | category: つれづれ |
information

こまむ・だいありぃ。へようこそ

おもちゃのこまーむ代表兼デザイナー通称こまむ。ゆる〜い感じでつれづれ書きます。

Menu
Links


おもちゃのこまーむ公式サイト


こまーむfacebookサイト


こまーむスタッフの工房日記


こまむ・どぉる専門情報サイト

Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links